アンチエイジングにまつわる噂話!

ページの先頭へ
トップページ > 女性が妊娠、出産を経てしばらくの間は妊娠

女性が妊娠、出産を経てしばらくの間は妊娠

女性が妊娠、出産を経てしばらくの間は妊娠期から出産までの体内ホルモンバランス(卵胞ホルモンや黄体ホルモンが有名ですが、体内で作られるホルモンは七十種類以上あるといわれています)から大聞く変化してしまい、イロイロなトラブルが起こります。肌荒れ、シワの増加といった肌トラブルも自覚しやすく目たちますから、悩まされている女性は多くいます。


妊娠中体内で働いていた女性ホルモン、エストロゲンやプロゲステロンの分泌が出産を終えたことで急に減り、これに加えてストレスの影響もあり、肌のバリア機能が弱って簡単に乾燥します。



乾燥している肌は荒れ、敏感肌になることも多いので、肌をむやみに刺激しない、無添加の基礎化粧品などを使用して保湿に重点を置いたスキンケアをつづけるのが良いようです。
乾燥肌によるお肌でお悩みの方のケア方法としては、化粧水を使って乾燥したお肌にたっぷりと水分補給をした後、乳液をちゃんと使い、化粧水で補給した水分をお肌に閉じ込めるようにします。
それに、お肌の内側からも、しっかりと、水分を与えることが必要なので、トータルで2Lくらいの水を飲用するようにしてみて頂戴。しっかりと保湿をして、弾力のあるみずみずしいお肌を取り戻しましょう。



お肌を美しくすることと、歩くことは全く無関係のことのように実感されますが、実際は密接に関係しています。


姿勢を正しくして歩くと、お肌へ血流がスムーズに流れるので、代謝が高まり美肌になれますし、血圧や血糖値などの成人病にかからないためにも効果がでています。何かを食べることと、美しくなることは異なるように見えますが、実は大変近しいものですので年齢を逆行指せる効果のある食品を口にすることで、美肌をキープすることが可能です。


大豆などの豆類、白ゴマなどのゴマ類、ワカメなどの海藻類、ニンジンなどの野菜、鯛などの魚類、シイタケなどのキノコ類、玄米などの穀物類、ジャガイモなどのイモ類、ヨーグルトなどの乳製品、色の強い野菜の中でもナス、トマト、タンパク質をしっかり食することで私の母が顔を朝洗う場合、石鹸や洗顔剤は使いません。母は顔を洗う時には水だけで洗います。
母は、石鹸や洗顔フォームで顔を洗うと、せっかくの皮脂成分が全部落ちてしまってお肌にとっていいことではないから水だけでじゅうぶんと、石鹸いらない説をよく話します。


そんな母のお肌は65歳でもすべすべしています。
体のラインがゆるむとなんだか老けて見えますよね。
以前、雑誌で話題になっていた置き換え食ダイエットに取り組み引き締まるところが引き締まったので、全体に良い感じのボディラインになりました。そんなに急なダイエットではないし、睡眠時間や栄養もしっかり確保していたのにもかかわらず、なんだか肌にハリがなく、シワが目立つような気もします。
せっかく痩せたのに、残念です。

きれいになるはずが、なぜこうなった?。



と思っていますよね。お手入れ不足も考えられるので、肌のメンテを念入りに行っていこうと思っています。安くて早い食べ物やオヤツはおいしいけれど、摂取しすぎるとトラブルの原因になりますよね。


そんな折には食べ物で解消しましょう。



お肌のトラブルに効くミラクルな食べ物は納豆なのです。

納豆が内包するビタミンBが代謝促進を後押ししてくれます日々、一パック納豆を摂って皮膚トラブルを改善しましょう。

洗顔料をのこしてしまうと、肌が荒れてしまうかも知れないので、じっくりとすすぎをおこないましょう。洗顔をちゃんとした後には、使用するのは化粧水や乳液など、保湿をしっかりとやることが大切です。保湿をやっていないと、肌が乾燥してしまい、シワになりやすくなります。

保湿をちゃんとおこなえば、シワができない様にすることができます。



完璧な化粧も悪くないがほんとうのところ大事なのは生まれつきの肌の美しさそう思います。



だいたい毎日のようにスキンケアを入念におこない、美肌の可能性を最大限にまで引き出し、いつか生まれたままの素顔でも人前に自信を持って出られるほどのもてることを望みます。


脂っぽい肌の場合、水分が足りているような肌に見えますが、実は水分が十分ではない状態、というケースが多々あります。肌の乾燥が表面化していないのは、オイリー気味の肌は皮脂の分泌が過剰気味におこなわれている状況なので、表面上の乾燥には強い傾向にあるためです。


しかし、この皮脂が肌トラブルの原因になりますから、洗顔をすることで、適度に減らすことが必要です。
Copyright (c) 2014 アンチエイジングにまつわる噂話! All rights reserved.